住宅ローン 売却損

> 住宅ローンの売却損を出さない方法

住宅ローンの売却損を出さない方法

不動産は住宅ローンの返済途中でも売却することは可能ですが、
慎重に行わないと売却損が発生する場合があります。
その名の通り売却したにも関わらず損失が出てしまうことを言いますが、
安く売却した際に発生する状況と言えます。

住宅ローンの残金よりも売却した際の金額の方が低くなる状況を言いますが、
そのままでは売却することができませんので、差額分を自費で支払う必要があります。
一般的には売却益でローンを完済してしまうのが普通ですし、
抵当権の設定もありますので売却時には残金を完済する必要があるのです。

なるべく売却損を少なくするには出来る限り高額で売却する必要がある

住宅ローンの残金よりも高額で売却できれば売却損は発生しませんので、
より高額で買い取りできる不動産業者を選ぶ必要があります。
但しこの売却に関してですが住宅ローンが支払い困難であるといった場合は別の
手段を検討してください。

しかし、周辺の相場や正当な価値がわからない状態では、
高額査定を出す業者を探すことは困難となります。
また相場に関しては業者間の取引事例によってできるものですから、
一般人には公表されていないのが普通です。

相場がわからない状態では正当な価値を判断することが難しいと感じてしまいますが、
その場合には一括査定を利用することが効果的です。

不動産一括査定で高額査定してくれる不動産業者を探す

一括査定では複数の業者から査定額が提示されますので、
おおよその相場や正当な取引価格を把握することが可能です。
正当な価値や相場が把握できれば効率よく高値で売却することが可能ですから、
いちいち高額査定を出す不動産業者を探しまわらなくても良いのです。
一括査定の中から住宅ローンの残金と相殺できる価格の業者を選べば、
売却損を出さずに売却することができるのです。

COPYRIGHT© 2014 マンション売却一括査定を利用すれば高く売れる ALL RIGHTS RESERVED.