> 家を高く売るなら業者や買主との駆け引きが必要

家を高く売るなら業者や買主との駆け引きが必要

家を高く売ろうと考えた場合に何をすればよいのか?

少なくとも業者や買主と駆け引きができるくらいの不動産の知識は頭にいれておくべきです。もちろん不動産業者はその道のプロなので同じくらいの知識と言っているわけではなく、業者の言いなりならないようにするくらいの知識が必要です。

家の売却は「高く売りたい売主」「安く買いたい買主」「仲介する不動産会社は売れないと利益にならない」と3者間で考えている事が異なります。そもそも売主と買主の考えは真逆なので、なるべく高く売るには売買において駆け引きをしなければいけません。

不動産業者に任せて家を売るのが普通なの?業者の値下げ提案を簡単に受け入れない

上述したように不動産会社は売れないと利益にならなので、どうにかして売ろうと考えますので、基本的には不動産会社に任せて家を売る事が多いですが、それだけでは高く売る事はできません。

ちょっと考えて欲しいのですが、不動産会社の利益は家を売却した際の仲介手数料です。例えば3500万円で売れた場合、3500万円×3%+6万円ですので111万円の仲介手数料が不動産会社の利益になります。

ここで例えば、3300万円で売れた時を考えてみると、同じように計算すると、3300万円×3%+6万円=105万円、もし3000万円で売れた場合、3000万円×3%+6万円=96万円です。

気が付いたと思いますが、売主が3500万円を3300円に200万円も値下げして売ったとしても、不動産会社への手数料は111万円が105万円になるだけです。

ここでどんな事が起きるかと言うと、不動産会社によっては3500万円でも3300万円でも売れればいいと言う考えになり、もし3500万円で売れないなら売主を説得して3300万円で売ろうと提案したりする事態になったりします。極端な例でしたが、売る為だけに安易な戦略のない値下げ提案をしてくることがあります。

不動産業者がいないと仲介してもらえないので、仕方ない部分もありますが、ある程度、価格相場については他の不動産会社にも査定依頼するなど、客観的な査定額を頭に入れておかないと、不動産会社に「この辺の相場はこれくらいですから」等と言いくるめられ、低い価格で売る事に繋がってしまいます。

最低限、相場を調ベる事で安易な値下げ提案を受け入れなくて済みます。

不動産会社は売れないと利益が無いので、家が売れない期間が続くと値下げ提案は必ずしてきます。納得できる範囲であれば良いとは思いますが、想定以上であれば業者を変更するなど考えてみても良いかもしれません。

買主は必ず値引き交渉をしてくるので売主が不利になる情報を与えない

買主は必ず値引き交渉をすると思っておきましょう。売主側は高く売りたい、買主側は安く買いたいの真逆の考えなので、当然もう少し値下げできないかダメ元で交渉してくるはずです。想定範囲内であれば、値下げに応じることも必要なケースもありますし、不動産業者とも相談して両者が納得する価格に折り合いをつけるので、少し低い価格になる場合が多いです。

これはしょうがいない場合が多いのですが、自ら自分が不利になる情報を買主に与えないようにしなければいけません。例えば、住み替えなどで購入する新居が決まっている場合や、転勤などで売却活動に期限がある場合は、期限についての情報は買主に絶対に与えてはいけません。

どうしてか?

期限がある場合、売主の心理としてこの購入希望者を逃すと、期限内に売却できないと考えてしまい、買主の値下げ交渉を飲まざる得ない状況になってしまうからです。その為、期限に関する情報を買主に与えてしまうと買主側は値下げ交渉しやすくなり、高く売るどころが低い価格で売る事になってしまいます。

まとめ

上記で不動産会社と買主との駆け引きについて言ってきましたが、すべての方に駆け引きが必要な訳ではありません。ですが、優位に進めないと結果的に自分の思っていた価格で売れずに後悔してしまう事になりかねません。最低限の知識として、住み替えで家を高く売るには相場を知る事が重要です。

不動産会社にもよりますが、本来売主のメリットになるように売却を手伝うはずが、自分の利益を重視し、売る為に買主側に立ち、安くする手助けをしてしまう場合があります。

とても難しいのですが、どうしても自分の利益に走りやすいフルコミッションの業者を避けるなど信用できる業者を自分で見つける必要があります。その意味でオンラインでの不動産一括査定を利用して複数の業者に査定依頼をする事で比較できるので良いかもしれません。

COPYRIGHT© 2014 マンション売却一括査定を利用すれば高く売れる ALL RIGHTS RESERVED.